つい行っちゃう風俗の魅力

いつもの西川口で変わらないソープの快感がいいんです

決して奇をてらったものを求めている訳ではないんです。いつも通りの快感さえあれば十分だと思っているので、いつも行く西川口のソープではいつも同じジャンルだし、可能な限り同じ女の子を指名するようにはしていますよね。その位の方が自分の気持としても全然違うんですよ。
なぜならソープだって気持ちの問題があると思うんです。「いつも同じ」の方が個人的には安心感があるので、それもあって西川口でソープを利用するときは基本的に同じものをと思っています。この点は性格にもよりけりなんでしょうね。好奇心旺盛な人なら毎回違った展開が良いって思うかもしれないですけど、自分のような人間は毎回同じの方が安心感もあるので、そうして楽しませてもらっています。でもそれはそれで楽しいんですよ。
ある意味、自分にとってソープとは究極の予定調和と言っても決して過言ではないだけに、いろいろと楽しませてもらっています。もちろん本当にたまにですが違う子を指名するケースもあるのでその点は安心して下さいね。

彼女のソープ嬢としての底力はまだまだでしょう

彼女、まだまだそこを見せていないでしょうね。なぜなら本当に軽く発射させられたんです。風俗の中でもソープのお仕事って、決して簡単なものではないと思うんですよ。だって肉体労働に分類されるケースだってあるじゃないですか。
それくらい大変なことだと思うんですけど、彼女には本当にあっさりと発射させられました。別に自分が長期間オナ禁していたとかじゃないです(苦笑)あそこまであっさり発射させられたのは初めてなので、自分でも驚いたくらいです。あれよあれよと絶頂感が高まってきて、これはもう発射するしかないだろうって思ってしまってつい発射してしまいました。
それもかなり序盤の発射だったんです。自分はソープではいつもゆっくり楽しむタイプなので、どうなるのかなって少し不安に思っていたんですけど、彼女の巧みなスキンシップによって不安なんて見事に振り払われました。そして二発目もあっさりと発射しちゃいました。特に驚いたのは、彼女は必死の形相でこちらのために頑張っているとかではないんです。一貫してとってもにこやかなままだったので、まだまだ底が知れないなと。