つい行っちゃう風俗の魅力

久しぶりというその一言が…

この前の風俗は久しぶりにソープにしようかなと思ってソープに行ってきたんですよ。やっぱりソープって楽しいものじゃないですか。風俗は結構お世話になっていますけど、ソープに関してはかなり久しぶりだったんですよね。それでソープまで行ってきたんですけど、これがまたとっても楽しいものになりました。相手をしてくれた人妻が初日だったんですよ。しかもかなり生々しい話をしてくれたんです。旦那とはレスになっているので欲求不満解消も兼ねてソープで働くようになったと。だからか、こちらの攻撃に関して「久しぶりに感じている」とか、かなり生々しい言葉が多く聞かれたんですよね(笑)それがまた嬉しいというか、特別な気持ちに浸れるじゃないですか。自分が彼女に特別感を与えているって思ったら、それだけでこっちとしても何となくですけど特別な気分に浸れますよね。だからか、臨場感のある生々しいプレイを楽しむことが出来たんじゃないかなって。

理想のプレイも見えてくるんですね

何となくのつもりが、いつしかヘビーユーザーになっている。風俗でありがちな話ですけど、自分の場合もそうです。当初は本当に何となく利用したってだけでしかなかったんですけど、いつしかハマっていましたね。そして、ハマったのは風俗の楽しさと言うか、自分の理想のプレイが見えてきたからこそなのかもしれません。当初は女の子に抜いてもらうだけでしかなかったんですけど、最近ではそれだけじゃなく、自分でいろいろなことをリクエストしたり、好みだなと思える女の子を指名したり。そのためにいろいろなツールで女の子を探したりとか、自分でアグレッシブになってきたんです。でも、それは自分の理想のプレイがイメージできるようになってきたからこそですよね。女の子と距離感を縮めてまるで恋人同士のように楽しむ。その時間こそ、自分の理想のプレイなんです。理想さえ分かれば、あとは選ぶべき女の子も単純に見えてきますので、それで選んでいるって話ですよね。