つい行っちゃう風俗の魅力

目が合う。それもいいんですよね

風俗嬢もいろんなタイプの女の子がいるし、それは外見ってだけじゃなくてプレイスタイルもまた、風俗嬢によって大きく異なるものですよね。この前遊んだWちゃんは、プレイの最中ずっと目を開けていて、しかもこちらを見ているんです。だからプレイ中にずっと目が合っていたんですよ。これ、よくよく考えると初めてのことかもしれません。それだけでも自分にはかなり刺激的なものになったんですよ。むしろこれ、高等技術なんじゃないかなって(笑)普通は目をつぶったり、視線を外したりするじゃないですか。でも彼女はこちらをずっと見ているんです。だからいつも通りのプレイであっても、彼女がじっと見ているって思ったらそれだけで興奮してきたんですよね。ナチュラルなのか、それとも彼女の計算なのかまでは分かりませんけど、いつもとは違う気持ちに慣れたって点では彼女は相当なテクニシャンとして認定しても良いんじゃないかなって。満足度も相当なものになりましたし。

風俗がかなり分かってきた

何となくですけど、風俗をどうやって楽しむべきものなのかが分かってきたような気がするんですよね。そういった難しいことをあまり意識せずとも楽しめるのが風俗の良さだとも思っていますけど、最近ではどうすればより風俗を楽しめるようになるのかという点まで考えるようになりましたね。例えばですけど、女の子を選ぶ時には必ず自分の理想に近い子を選ぶようにしていますし、さらに言えばただ理想に近いってだけじゃなくて、選んだ女の子と楽しむっていう気持ちですよね。選んで「あとは楽しませて下さい」ではなくて、じっくりと二人の時間を楽しむべく、どういった形でコミュニケーションをとるのかや、女の子とどうやって距離を縮めるのかなど、プレイの中までいろいろと考えるようになりましたね。そういったことを考えられるようになってきたということは、自分自身、それなりに風俗のレベルが高くなってきているのかなって思いますね。だから楽しさが加速しています。