つい行っちゃう風俗の魅力

ちょっとした非日常ですかね

風俗が好きなのは、いわば「ちょっとした非日常」を味わえるじゃないですか。物凄い非日常って訳じゃないんですけど、でもやっぱり楽しいものですよね。選択肢だって多いですし、男にとって風俗の存在はとてつもなく大きいものなんじゃないかなと思いますね。自分の場合ですけど、定期的にと言うよりも風俗の気分になった時に利用するようにしていますが、大体そのペースが月一くらいですね。そのくらいが丁度良いような気がするんです。それもあって、風俗を利用する前には一か月くらいかけて自分の好きな女の子やジャンルをリストアップするようにしているんです。しっかりとリストアップすることによって、どんな女の子なのかが分かるじゃないですか。それに、リストアップすることで、リストアップした風俗嬢を比較することも出来ますよね。時間をかけてじっくりと選んで、そして楽しめるタイミングになったら風俗を楽しんでちょっとした非日常を満喫しています。

直感は一番の材料だと思う

風俗を楽しむ際、ホームページ、口コミ。匿名掲示板やSNSも十分に立派な判断材料だと思うんですけど、こうやって挙げてもいろいろとあるじゃないですか。でも、何よりも大切にしているのはホームページでもポータルサイトでもないんです。ましてや匿名掲示板でもないんです。それは自分の直感なんですよ。自分が「これだ」と思った風俗を利用するようにしているんですよね。実際に利用するというか、楽しむのは自分なんです。自分が「楽しめそうだな」と思うのが何よりだと思うんですよね。だから風俗はいつも自分の気持ちに正直に楽しむようにしているんです(笑)それに、直感を当てにして楽しませてもらっていますけど、それはそれでそれなりに楽しいんですよね。だから風俗は直感。むしろ予想だにしていない展開にもなるので、それがまた楽しかったりするんです。調べて利用するのもそれはそれで悪くはないと思いますけど、直感に頼るのも楽しいものですよ。